KSVでは日本・ベトナム間のクロスボーダーM&A、ベトナム国内同士のM&Aに対してアドバイザリーサービスを提供いたします。

譲受側M&Aアドバイザリー

ベトナムでは外資規制のある業種も多く、事業の内容や取り扱う商材・サービスによっては外資独資での展開が困難な分野や独資で展開が可能な分野でも市場への参入や事業立上げに時間を要する分野ではM&A(資本業務提携、合弁会社設立含む)が有効な手段となります。そのようなM&Aをお考えのお客様に対しアドバイザリーサービスを提供いたします。

サービス内容

秘密保持契約及びファイナンシャル・アドバイザリー契約を締結後、下記内容を対応いたします。

1)相手候補先の調査・発掘、情報の収集・提供
2)候補先に対する初期段階の打診と意向の確認
3)候補先との面談の調整・実行支援
4)スキームに関する助言、戦略の構築支援
5)候補先に対する提案条件の策定支援
6)秘密保持契約書の締結支援
7)検討に必要となる情報のリストアップ、候補先への提出依頼、情報の確認・分析
8)作業・役割分担等を含んだスケジュールの作成と実行支援
9)企業価値、事業価値の評価 ※案件により専門会社に依頼
10)取引条件の検討、意向表明書・基本合意書等の文書作成支援
11)会計、税務、法務アドバイザーの紹介、デューデリジェンスの内容調整支援
12)デューデリジェンスのスケジューリングと実行支援
13)最終契約書の条件交渉・締結支援、クロージングにおける助言
その他、ステークホールダー(IR等)への開示文書の作成支援等、上記に付随する業務

譲渡側M&Aアドバイザリー

これまでベトナム事業の再編や撤退をするにはその事業を清算する方法が一般的でしたが、近年、ベトナムに対する外国企業の投資は実行件数、投資額共に増加しており、売却による再編・撤退も有効な手段となります。KSVではそのような法人や事業(全部又は一部)の売却を検討されるお客様に対しアドバイザリーサービスを提供いたします。

サービス内容

秘密保持契約及びファイナンシャル・アドバイザリー契約を締結後、下記内容を対応いたします。

1)相手候補先の調査・発掘、情報の収集・提供
2)企業価値、事業価値の評価
3)紹介資料の作成支援
4)  候補先に対する初期段階の打診と意向の確認
5)候補先との面談の調整・実行支援
6)スキームに関する助言、戦略の構築支援
7)候補先に対する提案条件の策定支援
8)秘密保持契約書の締結支援
9)作業・役割分担等を含んだスケジュールの作成と実行支援
10)取引条件の検討、意向表明書・基本合意書等の文書作成支援
11)デューデリジェンスの内容・スケジュール調整支援
12)最終契約書の条件交渉・締結支援、クロージングにおける助言
その他、ステークホールダー(IR等)への開示文書の作成支援等、上記に付随する業務

プレM&Aコンサルティング

法人や事業を売却するには買手側からデューデリジェンス(買収監査)を受ける必要がありますが、その際に財務、人事、法務、事業等に関する詳細情報の提供を求められます。また運営が俗人的になっていないか、株主の状況は問題ないか等も重要になります。このデューデリジェンスの際に詳細情報が提出できない場合や組織運営上の問題がある場合には、買手側から見てリスクとなり、企業価値や事業価値が評価されにくくなります。

そのため将来に法人や事業の売却、また外部からの資金調達を受けることを考えている企業は、事前に内部の体制を整えておくことでタイミングを逃さず、適正な評価を受けることができます。KSVではこのような事前の体制を整えるプレM&Aコンサルティングを提供しております。